有田芳生」タグアーカイブ

05月06日。国際ノーダイエットデー、日本人に相手にされず?





おはようございます。

今朝のアレクサの「今日は何の日?」

今日は「国際ノーダイエットデー」です。

イギリスのフェミニストのメリー・エヴァンス・ヤングが提唱し、制定されました。世間のダイエットへのプレッシャーに対抗し、ダイエットによる健康影響を訴える日です。世の中には数多くのダイエットがありますが、無理なダイエットは心にも体にも悪影響を与えます。また、5を「コ」、6を「ロ」とした語呂合わせで「コロッケの日」でもあります。たまにはダイエットをお休みして、好きなものを食べるのも良いでしょう。

ダイエットは、最初こそ体重が減っても、一定の期間は変わらないので焦って、食べてしまったりします。食べない事の方が精神的ストレスになるので、身体には良くないかもしれません?ダイエットは社会が強制している訳ではありません。個人差があるので、健康が何よりです。

日本人に相手にされず?

外国人に頼る立憲民主党?
立憲民主党は4月23日に投開票された衆参5補欠選挙で衆院千葉5区、山口4区、参院大分選挙区に公認候補を擁立したが、「全敗」という最悪の結果に終わった。
直近の国政選挙でも2連敗しており、国民から期待されていない事は明らかだ。
立民には、旧ソ連時代の英雄、ヨシフ・スターリンから名を取った有田芳生(ヨシフ)という人物が在籍しているが、これだけでも立民が極左に近い党である事がわかる。
情報弱者の高齢者以外は立民に誰も期待などしておらず、それが選挙結果に表れた。


焦った立民は、日本人よりも外国人から支持される党に舵を切った様だ。
外国人の送還や収容のルールを見直す入管難民法改正案を巡り、立民は反対に回っている。
一時期、立憲共産党という言葉が流行ったが、本質は今も変わっていない。
辻元や有田が在籍する党を支援する日本人はもういない。

国民の総意で落選させた辻元が参議院議員になっている事が一番、残念だ。
立民は日本人に相手にされていない。