投稿者「alacan1960」のアーカイブ

alacan1960 について

ドメインを見てお分かりの様に自分は1960年生まれのアラ還オヤジです。 家族構成は妻と息子(高2)、チワワのクロ、カメのカメ子。 アラ還までの病歴(皆様の参考になれば)と仕事、趣味の雑記です。 仕事はSkypeとチャットワークを駆使した在宅のデザイン業務です。 主にWEB関係、DTPを糧としています。 どうか、皆さま宜しくお願い致します。 alakanではなく、alacanなのは還暦になっても第一線で『出来る』という意味を込めて「can」にしました。同世代の方、頑張りましょう。

日記の記事。






04月13日。決闘の日、引退前に再びチャンピオンに?





おはようございます。

今朝のアレクサの「今日は何の日?」

今日は「決闘の日」です。

慶長17年4月13日、宮本武蔵と佐々木小次郎が山口県の最流島で、決闘した日とされています。巌流島は、第二次世界大戦中は、軍の要塞地帯となっていましたが、戦後を経て、1973年に無人島となりました。2003年には海上公園として整備され、2人の銅像や、決闘の地を連想させる海浜があり、歴史観光スポットになっています。

毎年ゴールデンウイークに開催される「しものせき海峡まつり」では、巖流島フェスティバルのイベントとして、コンサートや宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の再現なども開催される様です。

引退前に再びチャンピオンに?

フェルナンド・アロンソがアストンマーティンと2025年から複数年契約を発表した。
それには「生涯」契約が含まれていて、将来的にレースを引退した後のキャリアにおいてブランド大使的な役割を果たすことも約束しているという。

2026年からアストンマーティンホンダとなり、ホンダのPUを積むアストンマーチンの活躍が期待されている。アロンソとホンダは、2015年から2017年のマクラーレン・ホンダ時代に共に戦った間柄だったが、当時はマシンも、PUもパフォーマンスが優れず、下位に低迷することが多く、苛立っアロンソはホンダエンジンを「GP2エンジン」と発言した程だ。

しかし、再びタッグを組む事に関して、ホンダは「あの悔しさを乗り越えることができたからこそ、我々は強くなれました。アロンソ選手も、その後活躍していますし、我々も2021年の(レッドブルの)ドライバーズチャンピオン獲得に貢献することができました」とアロンソを歓迎している。
アストンマーチンはフェルスタッペンの獲得にも前向きだというが、フェルスタッペンとアロンソのドライバーラインナップなら凄い事だ。

2025年以降ののアストンマーチンから目が離せない。

アロンソが、引退前に再び
チャンピオンになる姿を見たい。

04月12日。東京大学開設、初SGギターの感想?





おはようございます。

今朝のアレクサの「今日は何の日?」

今日は「東京大学開設の日」です。

1877年の今日、東京大学が開設されました。本郷キャンパスにある赤門は、元旧加賀藩上屋敷の表御門でした。加賀藩13代藩主の前田斉泰が、11代将軍徳川家斉の娘を正室に迎える時に建立されました。1931年に国の重要文化財に指定されました。

息子の友人が数名、東大に進学しましたが、東大に合格した新入生の多くが親も東大出身の様です。親が東大出身の新入生は次にやる事や授業の進行にも詳しく、どんどん差がつくといいます。日本一の大学は何もかもが違いますね。

初SGギターの感想?

ACDCやイーグルスファンでもある自分は、SGに興味を持っていた。
しかし、本家ギブソンは高価で買う事は出来ない。
そこで、初心者向けギターで定評のあるアリアプロ2の Blitz製品をサウンドハウスで購入。
BlitzのSGはアマゾンでは27000円前後、他では約30000円する。

しかし、サウンドハウスなら、白と黒に関してはなんと、23800円だ。
早速、注文して昨日、届いた。

SGは一度も引いた事は無かったが、レスポールとは大分、引き心地が異なる。
気になるのは、ブリッジ側のピックアップだ。
かなり、飛び出しており、ピックに当たる。

初SGギターの感想は、正直「弾きにくい」。
だが、アンガスヤングはこのSGを弾きまくっている。
自分がSGに合わせ、自分のものにしたい。
初SGギターの感想だ。

04月11日。アポロ13号打ち上げ、ボズ・スキャッグスが能登支援?





おはようございます。

今朝のアレクサの「今日は何の日?」

今日は「アポロ13号打ち上げの日」です。

1970年の今日、月探査機のアポロ13号が、アメリカフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられました。地球からの距離、約33万kmのところで、酸素タンクが爆発するという事故が発生しましたが、あらゆる手段を講じ、搭乗していた3人のパイロットは無事帰還することができました。

アポロ13号のトラブルはトム・ハンクス主演で映画になっており、絶対絶命の状況の中、地上の管制センターの指示であらゆる対策を講じ、無事救出されるストーリーに釘付けになります。もう一度、観ようかな?

ボズ・スキャッグスが能登支援?

ボズは、今年2~3月に東京、大阪など5都市7公演のジャパンツアーをした際、能登の甚大な被害に心を痛め、各公演で使ったギター計7本やポスター、ステッカーに直筆サインを入れ、復興・被災者支援に向けたチャリティーオークションに出品することを決めたという。

ウド―音楽事務所によると「2月21日(水)TOKYO DOME CITY HALLにて行われた「ボズ・スキャッグス」公演にて、本人がMCでこの日ステージで演奏したギターを能登半島地震の復興・被災者支援に向けたオークションに出品すると明らかにしました。ギターは21日公演以降、各公演につき1本ずつ用意されます。オークションに関する詳細は現在調整しておりますので、日本ツアー終了後に発表いたします。」との事。

東京追加公演で使用したフェンダーのストラトキャスター(赤)には10日朝現在で、40万4000の値がついているらしい。

ありがとう、ボズ・スキャッグス。